診療部

医局

医局では、熊本大学医学部等のご協力もあり、常勤医7名、非常勤医10名の体制で、外来・病棟の診療の他、精神科病院実施指導、大学での講義を行う他、学会や研修会などにも積極的に参加しております。

社会復帰科

社会復帰科は、患者様の社会復帰の為に、作業療法士、心理士を配置して、デイケア、作業療法、カウンセリングなどの活動を行っております。

社会復帰支援科

社会復帰支援科は、精神保健福祉士を配置し、患者様、ご家族が地域で安心して生活されるために必要な年金・福祉サービス等の情報提供やご相談に応じております。

患者家族会「あけぼの会」について

<設立目的>
親睦を図り、患者様の福利厚生及び療養の向上に寄与するとともに患者様、病院、ご家族及び地域が一体となって精神障がい者福祉の増進を図ることを目的として設立されました。

<事業運営>
社会復帰支援科と連携をとりながら、共同住居の運営、院内売店及び喫茶の運営、院内喫茶訓練事業、患者様の日用品費の管理などを行っております。

地域生活支援室

​地域生活支援室は、医師(兼務)、看護師、精神保健福祉士を配置し、地域で生活される精神障がい者の新たな入院や、再入院に出来る限りならないよう、訪問看護などの活動を行うことで、医療と生活支援を包括的に提供しております。

検査科

 検査室では、大きく分けて検体検査と生理検査を行っております。検体検査は、患者様から採取した血液や尿を使って、

肝臓、心臓、腎臓などの機能や、貧血の程度、尿糖や尿タンパクの有無などを調べます。また、お薬の量が適切か調べる

ために、血液中の濃度も検査しています。生理検査は、検査室に来ていただき心電図や脳波の検査を行います。

 放射泉室では、X線撮影した画像をコンピュータ処理したCR(コンピューテッド・ラジオグラフィ)とCTスキャン(全身用)で撮影した画像をモニター診断し、その画像を医療用画像管理システム(PACS)で管理しています。

​ 検査科では、適切な診断や治療を行うため、迅速かつ正確な検査を行っております。

薬局

薬局は、常勤と併任の薬剤師を配置しており、医薬品管理・調剤・医薬品情報管理・服薬指導を中心とした業務を行っております。なお、現在院外処方箋の発行率は、約90%となっております。

栄養管理科

栄養管理科は、診療部や看護部の各スタッフと連携して、入院及び外来の患者様の病状に合わせた栄養管理、栄養指導、給食管理を行っております。また、栄養バランスのとれた食事をおいしく食べていただくことを目標にしております。

熊本県立こころの医療センター

電話 : 096-357-2151

〒861-4154

熊本県熊本市南区富合町平原391

【診療時間】

月曜日~金曜​

午前9時~午後5時